google-site-verification: googlefa7fecb741d1b579.html アシュタールとの出愛3 | アシュタールじいちゃんに聞いてみよう!
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | -
    entry_bottom
    アシュタールとの出愛3
    0
      Q:子供を育む使命があるとのことでしたが、
      そのことを考えるとわくわくどきどきして
      とてもエキサイティングしています。

      スピリチュアルなトレーニングをする
      学校を創造していきたい、と思っています。

      それは、あっているのでしょうか?
       

      A:素晴らしいプロジェクトです。
      貴女はすごく向いているでしょう!
      とっても美しいプロジェクトです。


      最初のうちは簡単なものでは
      ないかもしれない。

      だけれども
      子供たちが「自分が何者なのか?」

      光の存在であるそれを気付かせてあげる・・・

      その意味では、初めは一人や二人
      でもかまいません。


      それを教えて行ってあげる、といった
      瞬間からもうすでに

      貴女の肉体からわくわくしたエネルギー
      がぱぁ〜んっと


      はじけていくのが見えたから、
      そのワクワクを子供たちと

      シェアしていく・・・・

      そのプロジェクトは、
      大変素晴らしいものです。


      とても素晴らしいプロジェクトです。


      それは、何をしているかというと、
      子供たちのグループ
      全体を
      わくわくさせるさせていることになるんです。


      子供たちがいずれ大きくなって、
      先生になったりだとか
      スピリチュアル的
      リーダーになっていく

      中には政治をしてく
      子供たちを育てていく。

      ゲーム「遠隔ビューイング」をして楽しみながら
      一緒に学んでいけばいい。


      地球からとれる鉱物からのメッセージを聞くとか

      本当にいろんなことができます。


      すごく、その学校を創っていくという
      楽しみになります。

      子供たちが一旦自分たちの殻をを
      閉じてしまう前に
      大切でしょう。




      テリーさんとアシュタールとの出逢い | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
      entry_bottom
      スポンサーサイト
      0
        - | - | - | - | -
        entry_bottom
        Comment
        コメントする









        entry_bottom
        Trackback
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック機能は終了しました。
        TRACKBACK BOTTOM
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        2627282930  
        << April 2020 >>
        PR
        recent_entry
        archives
        RECENT COMMENT
        RECENT TRACKBACK
        RECOMMEND
        LINK
        PROFILE
        MOBILE
        qrcode
        地球で26名のチャネラー
        このブログは、 チャネリングによるアシュタール(Ashtar)からのメッセージで作成されています。 アシュタールは、キリストやブッダなど高次元の存在とともに働く11次元のアセンテッドマスターであり、宇宙連合の司令官、コマンダー・アシュタールとして全宇宙に愛と平和の光をもたらすことを使命としています。 アシュタールという名前は金星の言葉で『愛』を意味し、地球が愛で満たされた平和な星になるよう幾人かの地球人を通して、メッセージを送り続けながら地球のアセンションを見守り、サポートしています。 (『こうしてアセンションしよう』(徳間書店)より) そのアシュタールとチャネリングする事になった 私はというと・・・ これまで、医療現場の最前線で働く看護師として、また近年は事業所の管理者として、 バリバリ働くいかにも現世的な普通の人でした(いや、今も普通の人ですが・・・)。 仕事で成果を出しキャリアアップを果たし、お気に入りのマイホームも手に入れ、 夫や子供たちとも幸せな家庭を築くことができ、子供たちもある程度成長してきて、 それぞれの自立が見えてきたこの頃、今後の人生のことを考えたときに・・・ 「本当はこの人生で何をしたいのだろうか?  はたして私の天命は何だろうか?」 というようなことを悩むようになりました。 そんな2011年1月のある日、それは本当に突然の出来事でした。 いつも通り職場で仕事をしていた私に、はっきり聞こえたのです。 創造主と名乗る人(?)の声が。。。 そしてその日を境に、アセンテッドマスターやエンジェル、女神など、さまざまな 高次元の存在たちと交流し、そのメッセージを書きとめる毎日となりました(今(2011年9月)では、書きとめたノートが5冊になっています)。 チャネリングという言葉すら知らなかったですし、エンジェルや大天使ミカエルの存在も 全く知らなかった、修行もなにもしていない、ごくごくフツーの人の私でした (今も普通です)が、どうやら天然のチャネラーとでも言いましょうか、 けっこう気軽にチャネリングできる素材(私)だったようなのです。 チャネリングの勉強など全くしていないので、サイキックなことを学んで、詳しい友人からは、その変貌ぶりにビックリされますが、最も驚いているのは私自身だと思います。 はからずもそんなこんなで、 宇宙からの叡智を皆様にお伝えする事が私の天命の一つだと知らされました。 また今年5月にアシュタール(=Ashtar)の公式チャネラー「テリーサイモン氏」のチャネリングにより、私はアシュタールの公式チャネラーの一人である事も告げられました。 アシュタールの公式チャネラーは地球上で26名しかいないとのことですが、 そのうちの一人が、なんと私だったのです(って自分が一番驚いてます)。 いわゆる「フルトランス状態」でチャネリングしているテリーさん(=アシュタール)から伺った話ですが、私は過去世にアシュタールの平和大使として一緒に仕事をしたとのこと。 現在は「育む」使命をもたらされ「あなたは何者か?」を多くの子供たちに気づかせていく役割があるということです。 そして「スピリチュアルを一つの学問」としていく使命がある人物であると予言されました。そこで近々、子供のためのスピリチュアルな「魔法の学校」を創る予定です。 世界中に散らばった「26名」のアシュタールチャネラーたちは、言語はもちろん異なるのですが、アシュタール曰く「それぞれが、わたしのいろいろな側面を表現している」(『こうしてアセンションしよう』(徳間書店)より)とのことです。 ちょっと意外だったのは、全然尊大な感じではなく、私とチャネリングするときは、私にとっては『アシュタールおじいちゃん』といった親しみやすい感じであらわれてくれます。 愛情と優しさに満ちていて、独特の笑い声で、楽しくお話を聞かせてくれます。 テリーさんが『レディーアシュタール(過去世ではアシュタールの奥さんだったそうです)』ならば、アシュタールおじいちゃんに諭される私は『ちびアシュタール』という感じでしょうか。 チャネリングの方法は、突然メッセージが来る場合もありますが、私から名前を呼び コンタクトをとることもあります。 しかし時折、いわゆる低級霊と呼ばれるような次元の低いエネルギーとも繋がる事もあるので、常に高次元の存在か否かを「気をつけて」見極めるようにしています。 高次元の存在からのメッセージはとても温かく愛と光に満ちています。 そうでない存在は、どことなく冷たく厳しい感じであったりするのです。 「あなたは誰ですか?」と質問する時もありますが、大体、映像で見えるようにしてくれるので 映像で確認しています。予期しない変なものに巻き込まれない様に、自分なりに気をつけて毎朝毎晩の瞑想を行い最高の状態にフォーカスしてブレないように行っています。 それ以外の時でも必要に応じて適時瞑想してコンディションを整えるようにしています。 私の場合は、ほかにもアフロディーテ、観音、聖母マリア、大天使ミカエル、 大天使ラファエル、最近は、ジーザスが突然現れてチャネリングすることも多くなって きました。 特にアシュタールとは私のおじいちゃんのように接し、またアフロディーテとは親しい友人のように、日々語りあっています。 リアルな私自身に関しての詳細は、 スピンアウトブログ『つまずき女の痛快!逆転ホームラン劇』に書いてあります。 もし、ご興味がありましたらご覧いただけたら幸いです。 アシュタールの指導により、時空を超える旅も経験させてもらったりもしました。 今後はそんなことも書いていきたいと思っています。
        search